FC2ブログ
茶論・・・
お茶しませんか?

プロフィール

☆織風☆

Author:☆織風☆
おとめ座・A型
北海道在住・転勤族
 兄・小5
 弟・年長



最近の記事



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



アクセス



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


治療用眼鏡の保険適用 その後のその後

「支給決定通知書」は無い。

・・と言われたので、とにかく「給付を証明するもの」を!!

としつこく言って来たのがコレ

「保険給付内容に関する証明」


コレを持って市の乳児医療の担当窓口へ行ってきました。

待たされること10分程
(書式が違うから仕方が無い?)

ここでは未就学児の医療は1割負担なので、健康保険で支給された7割の差額分が来月振込みと言われました。
・・ってことは出るのね>残り差額の2割分 \(^^)/

眼科を探した3月から約半年、長かった~



で、注文済みの予備眼鏡。

取りに行ってきま~~~す!!

スポンサーサイト

治療用眼鏡の保険適用 その後

療養費(眼鏡代の7割)が支給されていました。
(思いっきり、過去形です)


書類を揃えて申請したのが4月。

何時頃、支給されるのだろう・・??と思っていましたが、支給日は5月。2ヶ月も前でした。

我が家では児童手当の受取にしか使っていない口座で、半分は職場で管理しているのでまたまた記帳して始めてわかったのです。謎の入金が


「支給決定通知は?」と聞くと

「んなものありません!!」・・と共済担当者からの返事。

通知が無いまま振り込まれていたとわ思いもせず、ず~~~~と待っていたこの2ヶ月はなに??


あ、いやそれよりもそれが無いと次の手続き(乳児医療)がぁ~申請出来ない!!<確認済み


ムカつきながらも穏便に何か「支給を証明する書類」を出してくれるようにお願いしました<パパが(^^;;



支給例が少ないから?なんでしょうか。

パパは「二度と申請したくない!!」とまで言い出しました。(溜息)

ここで躓くとわ・・思いっきり予定外です。


***********************************************

今回の申請に対しては矯正視力が1.0と、弱視の定義からいえば治療を終了しており斜視があるとはいえ斜視用の眼鏡でもないので支給は微妙と聞いていました。

申請理由も「視力低下の防止」です。

弱視予防でも度数によってはドクターの証明があればほぼ通る(断られた子はいないという話も)・・みたいですね。<つまり医者次第

申請から一ヶ月で支給になっていた・・というのは書類さえ完備していれば支給のハードルは思うほど高くない?のかも

なので、矯正視力に関わらずドクターと交渉してみる価値はあるかもしれませんね。
申請するのはタダですし(面倒ですが)


眼鏡 確認

本当は眼鏡を作ってから2~3週間後位が目安らしいんだよねぇ・・(^^;;

でもまぁ、幼稚園をお休みしてまで急がなきゃいけないものとも思えないので機会を待っていました。

今日は開園記念日らしく幼稚園が休園なので、夏休みよりは良いだろう!!と早くから予定にしていました。

昨夜、兄が「明日・参観日」と言い出すまでは・・(-◇-;;
(お知らせの通知、見て無いぞ!!)

しかも、今朝は弟がダブル(別の布団、二ヶ所)のおねしょ!!

シーツと毛布は臭くなるので強引に洗濯を終わらせ、毎日の衣類分を残したまま学校へ。

参観時間はせいぜい10分ぐらいでしょう。(^^;;

そのまま眼科まで車で1時間半。

何とか午前の受付終了時間ギリギリに滑り込みセーフ。

視力検査の結果は過去最高の 1.2(左右・矯正視力) が見えていました。(^^)

前の眼鏡は0.7だったので、作り直して正解です。(^^)V


その後、実家で昼食を取り眼鏡屋へ。

今度の眼鏡はフレームが大きいサイズにしたからか、ずり下がってくることが多く鼻眼鏡状態。
(単に調整が甘いだけかも知れないけど)

幅やツルを細かく調整をしてもらい、そのまま帰宅。

兄の帰宅時間までに戻るのは、かなりハード。


只今、残りの洗濯を再開中です。


眼鏡あわせ

春休みな事もあり、実家に居候し眼科を再受診。
今日は、眼鏡の度数を確定し処方箋を貰う予定です。

再び兄を実家のばあちゃんに預け、弟クンと出陣。

月曜日だから混んでいるかな~と思いつつ、空いている時間帯? を狙い、午前の受付が修了する11時半過ぎに行ったら、ガラガラでした。(笑)

今日は二人の視能訓練士が一人だけ。

もう一人がお休み?なのか、院長自ら検査室に。
いままでそういう経験が一度も無かったのでビックリしました。

今日は瞳孔間距離を測り、レンズをセットして遠見と近見の視力を測定したあと立体視の検査(ハエのヤツ)へ。

やはり、見えにくいのか徐々に身体が前のめりになっていくのを院長先生が支えてくれました。<ハハの出番が無かったです(^^;;

その後、レンズをつけたまま待合室で様子を見るように言われたものの、これが結構な重さなので下を向くとストン・・と落ちてしまう。

重みで鼻も耳も痛いらしく10分ほど頑張ったけど途中でリタイアでした。 (壊すよりいいよね??(^^;;)

その後、院長先生から処方箋を書いてもらって保険適用の相談をし、その書類も貰う。

度数的には微妙に前後しました。
この微妙な数字の変更で視力が跳ね上がるのだから、視力ってものすご~~く繊細なんだね。

矯正視力は今までの眼鏡で0.7、処方箋のレンズでは1.0が出ており医学的には「弱視」に該当しないのだそうだ。(裸眼では0.3+眼精疲労に寄る頭痛を訴える)

しかし、乱視が強く外斜視もあり年齢的にも4歳と視力低下の可能性が高い。・・との判断で、とりあえず申請してみることに。

申請が通るのか??は実に微妙~ との事だ。

でもまぁ、保険が適用になれば上限付きとはいえ 購入額の7割が 還付になるのでこれは非常に大きい。

処方箋を受け取ったその足で眼鏡屋に直行し、早速注文です。

眼鏡は取り寄せなので一週間後の受取りの予定です。

治療用眼鏡、作成

三歳少し前に弟クンの弱視治療用の眼鏡を作成して、早2年・・

身体も大きくなり、フレームはガタガタ・レンズも傷だらけ
 な訳で、大学病院の弱視・斜視外来で新しい眼鏡の作成を受診の際に相談して半年。

現在の物と同じで良いと(何の根拠もなく)言われ続け

でも、高価な買い物だけに不安なので 勝手に転院を決意!

と言っても まずは眼科探しから

条件は 視能訓練士がいる事!! のみなんですがこれが田舎では高いハードルでした。

電話で片っ端から問い合わせたのですが、近隣の眼科では「視能訓練士って何?」な状態。

結局は諦め 実家(車で一時間半)周辺にターゲットを替え探しました。



な、訳で朝からドライブです。

実家で軽く昼食を取り、兄を置いて午後診察の開始時間少々前に昨日問い合わせた眼科へ。
実家からは徒歩で5分くらいかな~
車で行ったけど(笑)

眼鏡の件はほぼ伝わっていました。

電話で話したのは院長で今日は他の先生でしたが視能訓練士さんを含めてちゃんと引継ぎしてくれていた様です。(嬉)

ここは視能訓練士さんは常勤で二名。
で・・一人の方が40分ほどかけて診察前の諸検査してくれました。

春休み中とあって小学生らしい人影が多く目に付いたのですが、もう一人の方がせっせと消化。ちょっと申し訳なかったです。

今回の検査内容は
 眼鏡での視力(遠・近)・プリズム(遠・近)
 裸眼視力・屈折率・矯正視力

検査中・・だんだん身体は前のめりになっていくし(合わせて指標も後ろに下げてくださいましたが(^^;;)ランドルの切れ目が「二つある」とか今まで聞いたことの無い反応が多々。
その間、ワタシは椅子から落ちないようにずっ~と押さえてました。

その後、先生の検査があって 調節麻痺薬の点眼。一度実家へ帰宅。

一時間後
 屈折率・先生の検査

ここまでトータル3時間。
次は薬の効果が消える週明けにレンズを合わせます。


今回、裸眼視力は以前の検査結果とほぼ同じでしたが眼鏡の視力ががた落ちです。矯正視力も急下降・・・
プリズムも眼鏡をかける前とほぼ同じ。 <かなり軽減していたのになぁ~

これは眼鏡の治療効果がほとんど消えているといっていいのかな?

この一年(特にこの半年)、だんだん見え難くなってきている感じがあったから多少は予想はしていたけど

・・やっぱりショック!!


今の眼鏡の度数では 以前ほど視力が出ない ので少々度数が変更になります。

医大で言われたとおりに 同じ度数で作らなくて大正解。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。